糖尿病の治療方法とは

犬にも糖尿病があることは、知っている人も多いと思います。

犬の糖尿病は、ホルモンのひとつである、インスリンの働きが悪くなってしまうことによっておこる病気です。

犬が糖尿病になると、食べる量が増える、水を多く飲む、おしっこの量が増える、体重が減るなどといった症状が現れるそうです。

なぜ病気になってしまうのか?

それは、ドカ食いや早食いが習慣になっていて、大量のインスリンが出てしまう事が原因のようです。

また、メスの方がかかりやすく、病気になりやすい犬種もあるようです。

犬の場合、インスリンの補給が必要となる治療をするようです。

そして、犬の糖尿病には3つの種類があります。

一つ目は、合併症のないもので、見た目は元気だけど、病理学的から見ると病気と診断される犬。

二つ目は、合併症もあるもの。

基本的な症状に、嘔吐・下痢の症状もあります。

そして、一番重いと言われる、昏睡状態の症状です。

それぞれの症状に合った、治療を行い、飼い主さんは少しの変化も見逃さないよう、注意しましょう。

今の糖尿病を治療する方法には、運動療法・食事療法・薬物療法の3つが一般的方法です。

糖尿病は、運動不足も原因のひとつです。

普段から、適度な運動をすると予防や改善ができます。

また運動療法をすることで、ダイエットにつながり、インスリンの効果も良くなります。

急な運動をして、脚腰や膝を痛めてしまい、からだに負担がかかってしまうこともあるので、無理せずに行うと良いでしょう。

糖尿病の人に肥満の人が多いです。

暴飲暴食することで、糖尿病が進行してしまいます。

食事療法では、カロリー制限をするように言われます。

ただ摂取カロリーを減らすのではなく、栄養のバランスも考えなくてはいけません。

今までの食生活を変えることは簡単なことではなく、挫折してしまう人も多いようです。

食事療法を行う時は、周りの人たちのサポートも必要です。

また、血糖値を下げなければいけない人は、薬物療法を行います。

薬にはたくさんの種類があります。

ちなみにこちらです。

知っておきたい効果的な糖尿病治療

どの治療も大切なものです。

しっかりと治療すれば改善につながるかもしれません。